アラキドン酸の効能と摂取の注意点

脳とアラキドン酸

人間の大事な部分である脳が活発に動いていれば健康や若さを保つことができるでしょう。その脳を元気でいさせるためには、三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)とビタミンやミネラルなどがバランスよく存在していることが大事になりますが、なかでも脂質は、脳の6割を占めていますから、脂質の摂取方法は意識したいところですね。

脂質というと、脂だと思って積極的には摂りたくないと思うかもしれませんが、脂質には様々な種類があり、からだにとっってはなくてはならないものです。大きくわけて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸と分けられますが、不飽和脂肪酸の中でも必要な脂肪酸は、必須脂肪酸と呼ばれ、アラキドン酸やドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸といったものが含まれます。

これらは、脳や血液、皮膚などからだを構成する成分ですが、アラキドン酸は特に脳の中にある学習、記憶能力をつかさどる組織に多く含まれて働きをサポートしてくれます。そして、このアラキドン酸は、60代を過ぎた頃から減少することにより、もの忘れがおきるといった症状があらわれます。アラキドン酸を摂取することで、そららが防げるといった実験データもでていますので、アラキドン酸が多く含まれる肉や豚レバー、たまごの摂取を心がけたいですね。また、あわせて青魚に多く含まれるDHAを摂取することで相乗効果が得られるとされています。 食品からは摂りにくい場合は、サプリメントでアラキドン酸とDHAが含まれているものを選ぶと良いでしょう。