アラキドン酸の効能と摂取の注意点

アラキドン酸がおなかの赤ちゃんに必要な素敵な理由

アラキドン酸は魚油などに多く含まれる高度不飽和脂肪酸で、リノール酸をもとに肝臓で微量に作られる他は体内で合成できないことから、必須脂肪酸と呼ばれるものの1つです。神経や免疫、生殖などの機能を調整する成分で、情報伝達物質としての役割も持つため、子供の成長期に取りたい必須成分でもあります。

食品としては卵白やレバーなどの動物性食品に多く含まれている脂質の一種です。このアラキドン酸は食品の他に乳児の成長に必要な母乳にも含まれており、DHAと共に摂取することで脳の発達などに良い影響を与えるとされます。

これは胎児にも言えることで、おなかの中で日々ものすごいスピードで成長している赤ちゃんの成長にも欠かせない成分です。母乳を飲んで育つ子は元気に育つと言われるように、アラキドン酸を摂取することで脳や身体の成長を活発にしてくれます。おなかの赤ちゃんは母体から栄養を取り入れますが、お母さんが摂取するアラキドン酸が少ないと赤ちゃんへ回る分も少なくなり、脳や身体を組成する細胞の成長にも影響を及ぼすのです。

母体の中で胎児は生命の進化の過程を順に辿っていると言われており、数千年、数億年という歴史をたったの10か月程度で駆け抜けます。そのすさまじい成長の過程でアラキドン酸を適度に摂取することで、安定した成長を促すことができます。生まれ出てからの成長に直結する胎児期の栄養状態も、良好に保つ必要があるということです。