アラキドン酸の効能と摂取の注意点

効率的なアラキドン酸の摂取法

脳の発達にも欠かせないアラキドン酸は、ナッツ類や、チーズ、お肉などの食品に多く含まれています。アラキドン酸は、記憶や集中力に欠かせない成分で、お肉を食べなくなったり、食が細くなった高齢者は、アラキドン酸不足に陥りがちになりますので、その場合には、アラキドン酸のサプリが便利です。ただ、アラキドン酸を摂取しすぎると神経が過剰反応を起こし、炎症を起こしやすくなり、痛みを感じやすくなるという副作用が出ることがあります。

そんな時、アラキドン酸と一緒に、DHAやEPAなを一緒に摂取すると、炎症や痛みを軽減する役割があるので、安心して脳の健康に良い成分を摂取できるというわけです。DHAやEPAは、主に青魚などを摂取するとよいのですが、魚が苦手な方は、DHAのサプリが便利です。アラキドン酸はアルツハイマーにも効果があると言われており、今後の痴ほう症などの治療時に期待ができます。

また、加齢とともに、腸の健康を害する人も少なくないと思いますが、そんな時も、チーズを摂取すると、アラキドン酸の他に、お腹の調子を整える乳酸菌も豊富ですので、腸内環境も落ち着き、アラキドン酸の吸収もより効果的となります。現代の日本人の食生活で、アラキドン酸が不足するということは考えにくいのですが、偏った食生活や、食事制限をなさっている方、またダイエットをしている方や、高齢者でお肉を食べなくなり食が細くなった方は、意識してアラキドン酸を補う必要があります。