アラキドン酸の効能と摂取の注意点

体重や身長の増加に関わるアラキドン酸

赤ちゃんが生まれると、その愛おしい笑顔に心が満たされます。母乳やミルクを飲んで、すくすくと大きくなってほしい。どの母親もそう思うことでしょう。子どもの伸長を伸ばし、体重を重くするためには、アラキドン酸が子供に必要であるということが分かってきました。

ある企業では、アラキドン酸を粉ミルクに添加して、身長がどのくらい伸びたのか、体重がどれくらい増えたのかということをグラフにしてみました。その結果、アラキドン酸入りの粉ミルクを飲んだ赤ちゃんは、何も添加していない粉ミルクで育った赤ちゃんよりも精神発達の度合いが高かったようです。

また、低体重で生まれた赤ちゃんの血液中のアラキドン酸濃度をはかると、平均的な赤ちゃんよりも濃度が低いことが分かりました。身長が低めの赤ちゃんは、アラキドン酸濃度も低かったようです。

最近では、アラキドン酸やDHAが添加されている粉ミルクが多く販売されています。赤ちゃんがすくすく大きくなるためには、そのような粉ミルクを活用するのも1つの方法でしょう。

さらに、アラキドン酸は知能や視覚機能を発達するためには必要な重要な成分であることも分かっています。赤ちゃんの食事で極端に心配なことがある場合は、医師に伝えて改善していきましょう。

アラキドン酸はDHAと一緒にサプリメントをとることで、相乗効果が増すという研究結果がでているため、粉ミルクを選ぶときはそのようなものを選んでみてください。